家を売る際の2つの売却方法

売買契約を成立家を売る際には、査定で適正な価格をはじきだしたり、買主を探したり、面倒な諸手続きをしたりと売主側がやらなくてはいけないことが数多くあります。
ほとんどの場合は、不動産の売買に精通している不動産会社に仲介を依頼することになるでしょう。
不動産会社に依頼して家を売る方法には、仲介と買取の2つの方法があります。
仲介は不動産会社が売主と買主の間に仲介役として入って売買を成立させるものです。
売買価格の相談、買主の募集、契約書などの作成、引き渡しなどさまざまなことを売主に代わって行ってくれます。
一方、買取は、不動産会社自体が買主となって家を購入するものです。第三者の買主を探す時間や手間がなく、すぐに売却できるというメリットがあります。仲介の場合は、成功報酬として売買が成立した際に、仲介手数料を支払う必要がありますが、その分、売却価格を高く設定できるというメリットもあります。

仲介は、売却価格を高く設定することができるものの、一般の方のなかから買主を探さなければならないため、物件によってはなかなか買主が決まらないということもあります。また、家を売る際にかかる諸費用のなかの大きな部分を占める仲介手数料も決して安いものではありません。しかし、すでに新しい家や転居先が決まっている場合や遺産相続や離婚などの理由によって、一日も早く家を売却しなければならないという際には、買取を選んだ方がいいこともあります。