不動産会社との契約形態の種類

仲介手数料の額家を売る際に、それほど急ぎではなく少しでも高く売りたいという際には、仲介を選択することが多くなります。不動産会社に仲介を依頼する場合には、売主は不動産会社媒介契約を締結する必要があります。
媒介契約は、不動産売買を行う際に仲介業者となる不動産業者や宅地建物取引業者と結ぶ契約のことを指すもので、宅地建物取引業法に基づいて、仲介定数量の上限なども定められているものです。媒介契約を締結する際には、契約の有効期間や売買が成立した際に不動産会社に支払う仲介手数料の額などをあらかじめ決めておく必要があります。

媒介契約には、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」、そして「専属専任媒介契約」という3種類があり、それぞれに特徴があるため、契約を締結するまえにその違いについて十分に理解しておくことが必要となります。一般媒介契約は、売主が一社の不動産会社に限定することなく複数の不動産業者と契約することができるものです。複数の業者が同時に買主の募集をかけることができるため、窓口が増えることで買主が見つかりやすいというメリットがあるとともに、自分自身で買主を見つけることができた際に違約金が発生することもありません。その反面、複数の業者が扱うために各社が積極的な販売活動を展開してくれない場合もあります。